主婦でもキャッシングは可能?

主婦でもお金を借りる方法は?

主婦でも消費者金融でお金を借りていけると思っている人がいるかもしれませんが、基本的に収入のない主婦が消費者金融でお金を借りていくことはできないと思っておく必要があります。
というのも、これは総量規制という制度が大きく影響しており、年収の3分の1以上の金額を借り入れすることができないようになっています。
それゆえに、主婦によって収入がない人の場合、総量規制の対象となる消費者金融からお金を借りることはできないことになります。

しかし、主婦でもお金を借りることができる手段もあります。それは総量規制の対象外になる銀行のカードローンを利用するということです。銀行のサービスの中には、専業主婦を対象にしたローンサービスを用意していることもあり、このようなサービスを利用することで専業主婦であってもしっかり借入をすることができるようになっています。

ただ、当然配偶者に対してしっかりとした収入があることが条件になっていたり、通常の融資に比べて借り入れ金額の上限がとても低くなっていることが多いです。(一般的に30万円が上限になっていることが多いです)

専業主婦ではなく、アルバイトやパートなどをしている場合には、消費者金融を利用していくこともできます。ただ、この際も総量規制は当然影響していくので、アルバイトやパートによる収入が低いと借り入れができる金額も少なくなります。またあまりにも収入が小さい場合には、十分な収入があると判断されず、借り入れ自体を拒否されてしまう、審査で落ちてしまうこともあるので注意が必要になるでしょう。

主婦を対象にした、ソフト闇金には絶対に手を出さない

主婦を対象にして、賃金業として登録をしていないソフト闇金が融資を働きかけていくことがあります。ソフト闇金というのは、対応こそ通常の消費者金融等に近いものがありますが、実態としては通常の闇金と何も変わらないとてもリスクの高い業者となります。

インターネット上の情報で、専業主婦がお金を借りていくためには「ソフト闇金」を利用すると良いというような情報がある場合もありますが、絶対に手を出すべきではありません。

「悪質な闇金には注意」という表記がしてあることもありますが、闇金に悪質も何もありません。闇金という存在自体が違法な存在になるため、主婦を対象にしているとしても絶対に手を出してはいけないということになります。

配偶者貸付制度について

専業主婦として、配偶者貸付制度というものを知っておくと、お金を借りる際に便利になることがあります。これは主婦とその配偶者の年収を合わせた金額に対して、3分の1までお金を借りていくことができるとする制度となります。

専業主婦にとってはとても大きな制度になりますが、逆に夫が大きな借金をしている場合、当然この制度は利用しても意味のないものになります。

また主婦の借金が夫に絶対に知られてしまうことにもなります。

ただ、夫に知られるというのはデメリットではなく、むしろメリットであると考えることもできます。

家庭で借金の総額を把握できていないというのはとても大きなリスクであり、専業主婦の場合自力で借金を返済するというのは不可能になります。それゆえに夫にも借金の存在が知られているほうが、自己破産等のリスクを減らしていくことはできるでしょう。

専業主婦はお金を借りるという意味で、立場的にとても不利な状況にあるということは確かです。そのためお金を借りようとする場合には、夫に隠して・・・ということは考えず、(闇金との関わりを作らないためにも)、しっかりと相談をしてお金を借りることが必要です。場合によって相談によってお金を借りる必要がなくなることもあるでしょう。

※即日融資について・・・SMBCモビットは申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

記事一覧