ブラックでも審査に通る可能性のある消費者金融

ブラックのキャッシング

ブラックでもお金を借りられるケースってある?

ブラックであると基本的に消費者金融から融資を受けることはできません。これはどのような消費者金融でも言えることとなります。
ただ、一定の条件を満たしている場合、融資ができる可能性が少しあがります。その条件を紹介していきます。

まずブラックでお金を絶対に借りることができない人というのは、高齢になっている人、仕事をしていない人、健康保険等に加入をしていない人です。このような人は身分がよくわからないだけでなく、返済ができる能力が全くないと思われてしまいます。当然ブラックという要素も相まってお金を借りることは絶望的であると言えるでしょう。
消費者金融を利用するのではなく、公的な制度を利用していくことが必要になります。

ブラックでもお金を借りられる人というのは、大きな条件として仕事をしていることが最低限のラインになります。仕事をしっかりとしていて、なおかつしっかりと将来性もあると認められる場合、ブラックであっても融資を受けられる可能性は出てきます。ただ、大手の消費者金融はこのような状態であっても、融資を受けられる可能性というのは非常に低いと考えておく必要があります。
可能性があるのが中小規模の消費者金融となり、このような消費者金融は基本的に金利がとても高い傾向があります。

ブラックになってお金を借りること自体大きな間違いである

ブラックになって融資を受けられた人、融資を受けられない人のどちらが良いかというと、圧倒的に融資を受けることができない人です。いくら仕事をしているとしてもブラックであるということは、すでに大きな借金をしていることになり、借金を重ねてしまっている状況を意味します。

まずは、ブラックである状況をどうにかすることのほうが重要になります。
そして何より中小規模の消費者金融というのは闇金が紛れている可能性があります。ブラックになってしまうと「貸してくれる業者はとにかく利用する」という考えになりがちです。それゆえに闇金からお金を借りてしまう可能性、リスクも多くなり、返済がさらにできなくなってしまう可能性が高くなります。
それゆえに、ブラックでお金を借りようとすること自体、現実的にオススメできません。

融資を受けられないケースのほうが圧倒的に多い

ブラックでも融資を受けられたという人も確かにいます。上記のような条件を揃えておけば可能性としてはあります。しかしブラックにも種類があり、延滞や返済の地縁と、自己破産等を含めた債務整理では大きく違ってきます。自己破産、債務整理をした人の場合、いくら仕事があったとしても、お金を借りることは不可能となります。この場合申し込めば申し込むほど、自分の信用度をさらに下げてしまうので、しっかりとした生活再建の計画を弁護士や専門家と話し合い、生活を立て直すことがとても大切になります。

ブラックでも融資が受けられたというケースは非常に軽いブラック、つまりちょっとした返済遅延や、ちょっとしたすれ違いで、連絡ができなくなり返済の見通しがたたなくなった(結果的にはすぐ返済した)というような場合です。
明らかにお金を返済できないことによるブラックというのは、中小規模の消費者金融であっても対応をしてくれる可能性は非常に低く、逆に重いブラックの人でも融資をしてくれるという場合、その業者は「闇金」である可能性が高いので、関わるべきではないと考えられます。

※ブラックの人がお金に困っているということを多くの業者が知っている現状があります。ブラックであるのに「お金を貸します」と積極的にアプローチしてくる場合、それもまた闇金である可能性があり、絶対にその話には乗るべきではないでしょう。通常の業者であれば、ブラックの人に積極的な融資の話をするなんてことはありません。

※即日融資について・・・SMBCモビットは申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

記事一覧